FrontPage / 物理シミュレーション

FrontPage

倒立振子

倒立振り子の安定性に関する数値計算 http://www.seto.nanzan-u.ac.jp/st/gr-thesis/ms/2011/07mi226.pdf

構造解析 陽解法

  • 動的解法の分類 線形解法は通常公有地計算を行い,この結果をベースに周波数領域で計算を行う.非線形動解析は直接時間積分を行い時間領域で解を求める.
    • 線形動解析
      • 固有値解析 (Mu'' + Ku = 0)
      • 線形過渡応答解析
      • 周波数応答解析
      • ランダム応答解析
    • 非線形動解析
      • 動的陽解法
      • 陰的時間積分法(Newmark-β法)
  • 過渡応答解析の種類
    • 1) 線形過渡応答解析 線形問題ではこれが決定版.モード重ね合わせ法.
      • 固有値解析の結果を用いて,振動モードの重ね合わせで過渡応答を計算する.
      • 時間積分法よりも超高速に計算可能
      • 線形解析のみ(接触などの非線形解析には不適切)
      • オープンソース:CodeAster?, Calculix..
  • 2) 動的陽解法(Explicit Dynamics): 衝突解析,加工などの要素変形大解析
    • 中心差分法により時間積分(逆剛性マトリックス計算不要)
    • オープンソース:Impact, Adventure/Impact
  • 3) 陰的時間積分法(Implicit Dynamics): 地震応答,非線形応答
    • Newmarkβ法, WilsonΘ法により,直接時間積分を解く(逆剛性マトリックス計算不要)
    • オープンソース:COdeAster?, Calculix, FrontISTR..

衝撃解析ソフト「Impact」

FEM 有限要素法

FEM関連記事

「ここからすべては始まる。三大有限要素はこれだ!」 http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/0906/12/news109.html

FEM 実装関連記事

pythonで有限要素法を解析.かなり詳細な説明があり親切.

FEM Example in Python

fem1.jpg
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
添付ファイル: filesCAE1.jpg 52件 [詳細] filefem1.jpg 67件 [詳細]
Last-modified: 2016-07-17 (日) 17:11:04 (514d)